2018年08月16日

4話 夏実がH!狙われた婦警 ~「逮捕しちゃうぞ」あらすじ~


「逮捕しちゃうぞ」は、2002年10月17日~12月12日までの期間テレビ朝日で放送されていた日本のテレビドラマです。原作とアニメ作品では、設定が多少違っていたものの内容についてはほぼ一緒でした。しかし、ドラマについてはあらすじが大幅に書きかえられているので原作を熟読している浅野総一郎は違った目線で楽しんでいます。ここではドラマ版「逮捕しちゃうぞ」の第4話の内容について詳しく解説していきましょう。


第4話「夏実がH!?狙われた婦警」のストーリー



主演の原沙知絵と伊東美咲は美人警官役の美幸と夏実です。第4話では、夏実と長嶋一茂が演じる中嶋が見知らぬ部屋のベッドの中で裸の姿で目が覚めるといったシーンから第4話が始まります。偶然一夜を共にした2人の姿を当直明けの頼子が目撃してしまい、噂話が署の交通課で炎上してしまいます。

噂の真相を確かめようと美幸は中嶋を呼び出しましたが、実は中嶋自身もその日の記憶ははっきりしていません。怒りをあらわにした美幸に夏美は声をかけられずにいたのですが、思い詰まった2人の間で口ゲンカが始まり、コンビ解消の危機が迫ってしまうのです。そんな矢先に学校で爆発事件が起き、相変わらず冷戦状態を保つ2人にとうとう牧村課長が頭を冷やすために当直命令を出します。

当直の夜、爆弾処理班の村瀬が爆弾騒ぎを仕掛けていたことが発覚し、美幸は強迫されながらも爆弾の処理にとりかかります。そんな美幸の必死な姿を見て、夏実は少しも反省の色がない村瀬に怒りを心頭させ、美幸に信頼ある言葉を投げかけ励ますことで村瀬は解除法を白状し、無事に爆発を食い止めることができました。


第4話で浅野総一郎が感じたこと



美幸は抜群の運転技術を持つ美幸と人並み外れた運動神経のある夏実ですが、実は交通課のトラブルメーカー的存在です。しかし、危険極まりない事件に対して勇敢に立ち向かっていくことができる名コンビでもあります。美幸にひそかな思いを寄せる中嶋になかなか進展は見られませんが、彼の思いきった言動や行動に勇気をもらうことがあります。彼女のことが好きだからこそ傷心の弱みにつけこむようなことはしない男らしい部分は見ていて潔く感じます。

「逮捕しちゃうぞ」は、美人な女性警察官コンビを主人公とするコメディドラマですが、アクションやカーチェイスなどの要素も多く盛り込まれているので、国外でも非常に人気のある作品です。硬くなりすぎずおちゃらけ過ぎないキャラクター性も評判が良く、浅野総一郎がおすすめする「逮捕しちゃうぞ」を見たことがない方は一度ご覧になってください。

posted by ie-ra at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

3話 婦警盗撮ストーカーの罠 ~「逮捕しちゃうぞ」あらすじ~

2002年10月から放送されていたドラマ「逮捕しちゃうぞ」は、徳島康介さんの漫画作品「逮捕しちゃうぞ」を原作とした作品です。浅野総一郎はアニメ・漫画原作の大ファンですが、コメディタッチで描いたテレビのファミリー劇場版も大好きです。男社会の中で恋愛やお洒落にもこだわりながら凶悪犯に対して勇敢に立ち向かっていく女性警察官の活躍を誰よりも応援しています。そんな美人警察官が繰り広げる第3話「婦警盗撮ストーカーの罠」のあらすじについて浅野総一郎がご紹介していきましょう。


逮捕しちゃうぞ 第3話「婦警盗撮ストーカーの罠」のあらすじ



婦警である頼子と沙織はある夜、合コンに行った帰り道に不審者に追いかけられてしまいます。2人は慌てて夏実と美幸が住むマンションに駆け込み、大きな事件には至らなかったのですが、その翌日に婦警たちが使用しているロッカールームに「いつも君を見ている」と書かれた怪しいメモが発見されます。巡回中に無線連絡で「事故発生」の報告を受けた夏実と美幸は、すぐに現場に駆け付けますが、そこには事故の痕跡はなく路上に「君が欲しい」といういたずら書きが残されていたのです。

さらに2人が署に戻ると、署内のパソコンがウイルスに侵されフリーズ状態になり、パニックが起きているという惨事に陥っていました。それだけで騒ぎは収まらず、中嶋が運転する白バイクのブレーキが故障し、衝突しそうになったトラックを避けようと転倒してしまいます。思わぬ出来事が続き不審に思った美幸は、白バイのブレーキに細工がしてあることを発見し、夏実の制服に盗聴器が取り付けられていることに気がつきます。


婦警の捜査が本格的に始動する



夏実と美幸はすぐに捜査を開始し、望遠レンズで2人の姿を撮影していた犯人のあとを追いかけ捕まえることに成功しました。正体が先日警察署に見学に来ていた中学生グループの1人だったことが発覚し事件に幕が下りる流れになったのですが、中学生は婦警の写真を撮影したことは認めましたが、白バイやウイルスの件については無関係だと主張します。

どうやら他に真犯人がいると疑っていた時、自宅に一人でいた美幸が何者かに襲われるという事件が起こります。襲ってきた犯人は以前美幸が駐車違反のキップを切った男で、全てその男の仕業だったことが判明しました。美幸に危機が迫る中、間一髪で中嶋がベランダから突入し犯人を取り押さえ事なきを得ることに成功します。

人が襲ってきた時に美幸の大切なプラモデルが壊されてしまったのですが、中嶋が徹夜で修理をしているシーンが浅野総一郎的にはとても印象に残っています。そこで美幸への思いを打ち明けた中嶋でしたが、当の本人は安らかな顔で眠っているというクライマックスに微笑ましさを感じる人も多いでしょう。普段婦警に遭遇する機会はなかなかありませんが、「逮捕しちゃうぞ」を見ると街を出歩く時、夏実や美幸のような美人警察官がいないか探してしまう自分がいます。
posted by ie-ra at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

2話 バスジャック!?婦警監禁 ~「逮捕しちゃうぞ」あらすじ~

藤島康介によるアニメ作品「逮捕しちゃうぞ」は、浅野総一郎が大好きな人気ドラマです。マニアックなカーアクションや個性的なキャラクターの美人警察官によるコメディチックな演出に魅了させられる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、逮捕しちゃうその第2話「バスジャック!?婦警監禁」のシナリオについて浅野総一郎が解説していきます。


■第2話「バスジャック!?婦警監禁」のあらすじ

女性警察官コンビの美幸と夏実は、暴走するバスジャックの車内に巻き込まれてしまったことから第2話がスタートしました。母親の手術のお見舞いに行こうとしていた真希(小学生)を守るために2人は、犯人から拳銃を奪うことに成功したのですが、バスの中にはもう1人の共犯者いて抵抗する2人は手錠をかけられてしまいます。そんな中、中嶋は2人がバスジャックの強盗事件に巻き込まれたことを知り、とっさに単独でバスを追いかける行動に踏み切りました。

犯人たちが水路で逃亡計画を練っている隙を見計い2人は自分たちの居場所を知らせようと真希のカメラ付き携帯を使ってバスの路線図を送ることに成功します。しかし、その行動を犯人に見つかってしまい銃口を向けられた2人は絶体絶命の状態に陥ってしまうのですが、その瞬間中嶋が運転するバイクがバスの前に飛び出し、バスは慌てて急停車してしまうのです。体勢を崩した犯人の隙を見て、中嶋はバスの中に乗り込み2人の命を間一髪で救うことができました。

しかし、ほっとしていた矢先同乗している真希の母親の手術時間が刻一刻と迫っていきます。手術まであと30分しかないとわかった美幸は、本庁の刑事からの指示を無視してそのままバスを病院へ直行させどうにか手術までの時間に間に合うことができました。安堵した真希の表情にホッとする美幸と夏実の姿に、感動と勇気が湧き出る内容となっています。


■真希の携帯だけが壊されなかった理由

バスの中にいた乗客全ての携帯が壊されたのに、なぜ真希の携帯だけは使えたのかという疑問が残ります。真希は耳が聞こえない小学生という設定だったのですが、メールのやりとりを趣旨とした携帯「JPHONE」だったことが没収されなかったというからくりです。
もちろん、真希が小学生だったということも犯人が携帯を持っていると疑わなかった理由でもありますが、耳が聞こえない真希は常にバイブにしていたから気づかれなかったのでしょう。

第2話の「逮捕しちゃうぞ」では、美幸が犯人から携帯を奪われそうになった時の拒否しようとした理由に驚いた方も多いはずです。最終的には取られてしまいましたが、浅野総一郎もそこの場面に食い付いてしまいました。「逮捕しちゃうぞ」ならではのコメディチックな演出もありながら、非常にハラハラさせられる回だったと思います。
posted by ie-ra at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。