2019年02月06日

「現行犯逮捕」の特徴

僕は刑事ドラマやアニメなどが好きで、これまで多くの作品を見てきました。そんな中で度々「現行犯逮捕」という言葉が出てきます。実際に現行犯逮捕の現場を見たことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。今回は現行犯逮捕とはどういったものなのか、浅野総一郎が現行犯逮捕の特徴についてご紹介していきましょう。

「現行犯逮捕」とは


現行犯逮捕とは、その名の通り今現在犯罪を行っている人をその場で逮捕することを言います。この現行犯逮捕というのは刑事だけではなく、一般人によって行うことも可能です。

例えば、目の前で犯行が行われていて、犯人が逃げ出そうとした時に警察がまだ到着していないという時は、一般人も現行犯逮捕を行うことができるのです。これは別名で私人逮捕とも呼ばれているのですが、基本的に私人逮捕は現行犯逮捕しか認められないことになっています。

また、現行犯逮捕には主に二種類があることをご存知でしょうか。一つは先程も紹介したような現行犯逮捕です。もう一つは「準現行犯逮捕」と呼ばれているもので、こちらは自分自身が犯罪を目の当たりにしているわけではないのですが、誤認逮捕の可能性が低い場合に現行犯逮捕が行えるというものです。例えば、目の前から走ってくる人と、その後ろから「あいつは泥棒だ!捕まえてくれ!」と叫びながら走ってくる人がいたとします。

この時、自分は実際に犯罪を目撃したわけではありませんが、追いかけている人は現行犯であることを知っていて捕まえてほしいと言っているわけですから、誤認逮捕の可能性はかなり低いです。そのため、現行犯逮捕が可能となります。

現行犯逮捕の特徴


現行犯逮捕の特徴としては、先程も紹介しましたが刑事ではなく一般人でもできるということ、そして逮捕状が必要ないということも挙げられます。逮捕を行うためには通常令状を必要としますが、発行にはそれなりに時間がかかってしまうため、現行犯逮捕の場合は必要ありません。もう一つの特徴として、現行犯逮捕を行ったらすぐに捜査機関へ引き渡さなくてはなりません。すぐに引き渡さなかった場合は逮捕罪や監禁罪にあたってしまう可能性があるので気を付けましょう。

現行犯を目撃したことがないので、こういった経験はありませんが、「逮捕しちゃうぞ」には現行犯逮捕のシーンも見られます。自分で捕まえるのは少し怖いですが、もし現行犯を見つけたらかっこよく現行犯逮捕を決めたいものです。

posted by ie-ra at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「逮捕しちゃうぞ」と言えば女性警察官。女性警察官の特徴とは?

「逮捕しちゃうぞ」は、美人女性警察官2人が織り成すポリスコメディーで、藤島康介氏が原作を描いた作品となっています。「逮捕しちゃうぞ」と言えば何と言っても女性警察官ではないでしょうか。そこで、浅野総一郎が女性警察官としての特徴を調べてみました。

日本で最初の女性警察官誕生はいつなのか


日本で女性警察官が最初に採用されたのは、1946年のことだそうで、当初は「婦人警察官」と呼ばれていました。当時は62名が採用されましたが、逮捕権を持っておらず、交通部門や生活安全部門などで主に活躍していたそうです。その理由は安全面や重労働・危険度などが考慮されていたからだと言われています。

現在は女性警察官でも白バイに乗ることができたり、女性の特別捜査官や機動隊も結成している都道府県警察も増えてきたりしているのも特徴です。以前は仕事内容やキャリアアップで男女の区別がなされていましたが、そういったこともなくなっています。また、逮捕術と拳銃操法の訓練も義務付けられており、女性は柔道・剣道・合気道の初段取得が奨励されています。

女性警察官は期待されている


犯罪を起こすのは、男性だけでなく女性も同じです。「逮捕しちゃうぞ」で様々な犯罪を見ましたが、多種多様な被疑者がいました。そんな中で、女性被疑者はもちろん、女性の被害者から事情聴取するときには、男性警察官よりも女性警察官の方がスムーズにいくケースが少なくないそうです。また、性犯罪やドメスティックバイオレンスなどの分野では、特に女性警察官ならではの能力や特性を発揮できると言われています。

近は女性警察官も多く採用されるようになったことで、県警察の本部長や警察署長も女性警察官が起用されることが増えてきたそうです。浅野総一郎としても、「逮捕しちゃうぞ」の登場人物が幹部に昇進したりする姿を思い浮かべたくなります。現在は女性の視点を反映させた組織づくりも行われているそうで、今後は女性警察官の活躍の場がさらに広がることが予想されています。

浅野総一郎が「逮捕しちゃうぞ」でもお馴染みの女性警察官について調べたことを紹介してきましたが、いかがでしたか。男性に比べると、性警察官は体力面や危険度などで不利になる所があるのではないかと感じる方もいるでしょう。しかし、警察官として数々の訓練を乗り越えてきた女性警察官は、多くの場所で活躍しているのです。「逮捕しちゃうぞ」に登場する女性警察官は、人一倍怪力であるなど並外れた能力を持っていますが、実際の女性警察官も相当の厳しさを乗り越えて日々活躍しているのではないでしょうか。
posted by ie-ra at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「逮捕しちゃうぞ」の登場人物が着る制服 警察の制服にはどんな特徴がある?

僕は藤島康介の人気作品である「逮捕しちゃうぞ」が好きで何度も原作やアニメを見ています。「逮捕しちゃうぞ」は、原作・アニメ・ドラマなどで幅広く日本の警察官に触れることができます。特に、登場人物が着ている警察の制服も注目したいポイントではないでしょうか。そこで、警察官が着用する制服について調べてみたので紹介しましょう。

3種類ある制服の詳細とは


警察官の制服は、多くの方が憧れたことでしょう。僕もその1人で、警察官だけが着ることのできる制服に魅力を感じたこともしばしばありました。警察官の制服には、ニュースやドラマでも良く目にする背広の制服があります。そのタイプは基本的な警察官の制服だそうです。ただそのほかにも、活動服・出勤服といった制服があるのです。

活動服は、上着がベルトのあたりまでの丈になっているのが特徴で、拳銃や警棒を身に付けながらも動きやすい制服と言えます。出動服については、名前の通り出動時に着用する制服のことで、警備をしたり、山中の捜索等を行うときなどに着ていたりするようです。ドラマでも盾やヘルメットを身に付けて警備している警察官を見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。警察官の制服は、よくコスプレ服などを見かけることがありますが、これらの制服は一般市販されていません。

階級で制服が違うらしい


「逮捕しちゃうぞ」の登場人物には様々な階級の警察官が出てきますが、主な主人公の2人は「巡査」という階級です。警察官の制服は、こうした階級によっても違いがあるそうです。つまり、制服を見ればその警察官の階級がわかってしまうというわけです。

最も違うのは制服の袖の部分で、「逮捕しちゃうぞ」に登場する2人のような巡査や巡査長は黒一色のラインが入っています。巡査部長は銀色のライン、警部補以上の階級の場合は金色のラインとなっています。袖だけでなく、制帽のラインの色も階級によって変わってくるそうです。ニュースなどで警察官を見かけたときには、浅野総一郎も制服の袖や制帽のラインの色に注目してみようと思います。

ここでは、浅野総一郎が警察官の制服の種類や、階級による制服の違いなどを紹介してきました。「逮捕しちゃうぞ」でも普段何気なく警察官の制服を見ていましたが、制服の種類や階級の違いに注目して改めてみるのも面白いと思います。今後は、警察官の制服の違いを探してみてはいかがでしょうか。
posted by ie-ra at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする