2018年09月01日

逮捕しちゃうぞ 9話 サヨナラ…美幸&夏実


ドラマ版「逮捕しちゃうぞ」の第8話は夏実のおとり調査により、美幸とコンビで活躍するシーンは少ない印象でした。浅野総一郎的に8話は好きな回でしたが、やっぱりコンビの活躍が最高であり、第9話は最終回にふさわしい暴れっぷりをみせてくれる回となっています。では、ドラマ版「逮捕しちゃうぞ」の第9話「サヨナラ…美幸&夏実」のストーリーを、浅野総一郎がご紹介しましょう。


第9話「サヨナラ…美幸&夏実」のあらすじ



第9話では夏実と美幸のコンビが復活しますが、警察庁・捜査一課から特別捜査班に夏実をメンバーに加えたいと要請があり、冒頭からコンビは解消されてしまいます。美幸は笑顔で夏実を見送ったものの、彼女が残したサンドバックを叩きながら夏実との日々を思い出して涙するシーンはグッときます。

事態は思わぬ方向へ


そんなある日、美幸は駐車違反を取り締まったところ、駐車違反をしたのは警察出身の代議士・山口の息子である亨でした。

当然、大物代議士の息子であることから、警察庁から違反をもみ消せと圧力をかけられ、美幸は納得できません。一方、夏実は危険な任務でも活躍を重ねていますが、覆面車を追跡中、美幸から道案内を受けていたお婆さんを轢きそうなり、二人の再開は気まずいものになりました。




ひき逃げの真犯人を調査


2話のバスジャック事件で出会った少女・真希がひき逃げに遭ってしまい、美幸は病院に駆け付けるが、彼女は意識不明の重体でした。警部補の岡林の話によると自首をしてきたのは警察官で、事件は警察庁が処理していることから、美幸はこの事件に不満を持ち、調査を始めます。事件を目撃していた人物から犯人は自首してきた警察官ではなく、車の所有者を庁舎したところ、再び亨の名前が浮上しました。

美幸のピンチ


美幸は山口や警察庁に抗議しますが受け入れられることはありません。そんな中、真希の意識は回復し、「警察は正義の味方だよね」という言葉に美幸は決意を固め、辞表を出して亨のいる廃工場に向かい、彼に自首を促します。そこでは大勢の男性が美幸を襲い奮闘するものの、圧倒的に不利な状況でした。

婦警コンビ復活


美幸が圧倒的な不利な状況であるなか、夏実は瀬子から事情を聞き、上司の制止も無視して夏実の元に飛び込みました。亨達を制圧した二人はミニパトで山口の功績を称える式典に乱入し、亨が出頭する事実が伝わり、山口は愕然と肩を落とし、ひき逃げ事件は完結を迎えます。

私、浅野総一郎がグッときたシーン


今回の騒動により夏実は再び墨東署に戻ることになりますが、改めてコンビが復活するところで物語は終わりました。二人が暴れまわるシーンは浅野総一郎のお気に入りのシーンで、最後の最後にコンビが復活するシーンは思わず目頭が熱くなります。ドラマ版「逮捕しちゃうぞ」が気になっている方は、他の回と共に夏実と美幸の活躍をお楽しみください。
posted by ie-ra at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください