2018年08月25日

7話 夏実がママ!涙のビンタ ~「逮捕しちゃうぞ」あらすじ~


気漫画・アニメ作品である「逮捕しちゃうぞ」は、2002年にドラマ化を果たしており、浅野総一郎も漫画・アニメと共に好きなドラマ作品です。ニメとは異なる設定やあらすじなので、漫画やアニメとは一味違った楽しみがあると思います。第7話は「夏実がママ!?涙のビンタ」となっており、夏実ファンは仰天しそうなタイトルでした。れでは、第7話のあらすじや感想を浅野総一郎がご紹介しましょう。


第7話「夏実がママ!?涙のビンタ」のあらすじ



第7話の冒頭は、小橋モーターズで知人から預かっている無口の青年佐伯もこみちが19歳を迎えることから、夏実、美幸、中嶋、小橋モーターズのメンツはもこみちのために誕生パーティーを開くところからはじまります。もこみちもみんなが祝福してくれることに感謝し、幸せな1日になると思いきや、突然、刑事課・警部補の小林俊介が刑事達と現れ、もこみちを前日発生した事件の参考人として連行してしまいます。

夏実と美幸は無実を証明するために独断で調査を開始し、はじめに事件の被害者・順子の息子で今回の事件の目撃者である俊介に話を聞くことにしました。しかし、生意気ざかりの俊介に夏実と美幸は手を焼いてしまい、詳しい情報を手に入れることはできませんでした。その後、交通課巡査の高木浩志のおかげでもこみちのアリバイが証明されて無事に釈放されたが、俊介が嘘の供述したことが二人は気になりました。


浅野総一郎の考え 俊介が事件をかばう理由とは



前半パートでもこみちの無実は証明されましたが、事件はまだ解決していません。美幸は病院で圭介という順子の夫で俊介の父親に出会い、彼が店長として働くクラブに単身で潜入し、西尾というオーナーに頭が上がらないことが分かりました。一方、俊介は現場検証で証言が二転三転しており、順子が運転していた車の助手席には圭介がいたことが分かり、俊介は父をかばい嘘の証言をしていたのです。

今回の事件は西尾が絡んでいると睨み、夏実と美幸は再び潜入調査して逮捕すると、西尾は圭介への借金を盾として、偽装事故により生命保険を手に入れようとしていました。そのことから圭介も連行されることになり、最後は俊介に母親を託し、夏実と美幸は黙って頷く俊介を暖かく見守ったところで第7話は終わりました。

第7話のストーリーをご紹介しましたが、子どもが父親をかばうストーリーは刑事モノでも鉄板ではないでしょうか。小さな子どもに手を焼く夏実と美幸が可愛らしく、また夏実の号泣シーンに浅野総一郎はもらい泣きしそうになりました。「逮捕しちゃうぞ」のドラマを見ていると、悪いことは結局最後に暴かれてしまうのだなとつくづく思います。

posted by ie-ra at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください