2018年08月16日

4話 夏実がH!狙われた婦警 ~「逮捕しちゃうぞ」あらすじ~


「逮捕しちゃうぞ」は、2002年10月17日~12月12日までの期間テレビ朝日で放送されていた日本のテレビドラマです。原作とアニメ作品では、設定が多少違っていたものの内容についてはほぼ一緒でした。しかし、ドラマについてはあらすじが大幅に書きかえられているので原作を熟読している浅野総一郎は違った目線で楽しんでいます。ここではドラマ版「逮捕しちゃうぞ」の第4話の内容について詳しく解説していきましょう。


第4話「夏実がH!?狙われた婦警」のストーリー



主演の原沙知絵と伊東美咲は美人警官役の美幸と夏実です。第4話では、夏実と長嶋一茂が演じる中嶋が見知らぬ部屋のベッドの中で裸の姿で目が覚めるといったシーンから第4話が始まります。偶然一夜を共にした2人の姿を当直明けの頼子が目撃してしまい、噂話が署の交通課で炎上してしまいます。

噂の真相を確かめようと美幸は中嶋を呼び出しましたが、実は中嶋自身もその日の記憶ははっきりしていません。怒りをあらわにした美幸に夏美は声をかけられずにいたのですが、思い詰まった2人の間で口ゲンカが始まり、コンビ解消の危機が迫ってしまうのです。そんな矢先に学校で爆発事件が起き、相変わらず冷戦状態を保つ2人にとうとう牧村課長が頭を冷やすために当直命令を出します。

当直の夜、爆弾処理班の村瀬が爆弾騒ぎを仕掛けていたことが発覚し、美幸は強迫されながらも爆弾の処理にとりかかります。そんな美幸の必死な姿を見て、夏実は少しも反省の色がない村瀬に怒りを心頭させ、美幸に信頼ある言葉を投げかけ励ますことで村瀬は解除法を白状し、無事に爆発を食い止めることができました。


第4話で浅野総一郎が感じたこと



美幸は抜群の運転技術を持つ美幸と人並み外れた運動神経のある夏実ですが、実は交通課のトラブルメーカー的存在です。しかし、危険極まりない事件に対して勇敢に立ち向かっていくことができる名コンビでもあります。美幸にひそかな思いを寄せる中嶋になかなか進展は見られませんが、彼の思いきった言動や行動に勇気をもらうことがあります。彼女のことが好きだからこそ傷心の弱みにつけこむようなことはしない男らしい部分は見ていて潔く感じます。

「逮捕しちゃうぞ」は、美人な女性警察官コンビを主人公とするコメディドラマですが、アクションやカーチェイスなどの要素も多く盛り込まれているので、国外でも非常に人気のある作品です。硬くなりすぎずおちゃらけ過ぎないキャラクター性も評判が良く、浅野総一郎がおすすめする「逮捕しちゃうぞ」を見たことがない方は一度ご覧になってください。

posted by ie-ra at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください